台東区の妊活(不妊)整体、アトピー整体 台東区ロータス整骨院

TEL03-6260-9742
メールでのお問い合わせはこちらから
受付:9:00~20:00 木休

生理痛

生理『痛』無いのが普通

です。
つまり、生理の時に痛みが無いのが通常なのです。

生理痛ではなぜ、あなたが生理の時に痛むのでしょうか?
それは、あなたの身体が「身体の調子がおかしいよ~」とあなたへ教えてくれているサインだからです。

身体は優しいので、あなたの身体の中で何が起こっているのかわかるようにサインを出してくれるのです。

なぜサインを出すのか?
それはこのままの状態だと、身体が更に壊れる方向に進み、
例えば、

生理痛が子宮筋腫への引き金になっていったり
生理痛から子宮内膜症へと繋がっていったり
生理痛から子宮ガンに変化していったり

するのを防ぐためです。
苦悩
あなたの身体がこれ以上壊れていかないように、身体が教えてくれるサイン、それが「痛み」です。





生理痛を改善する必要性

生理痛は薬を飲むから大丈夫!

と思っている方が多いです。
生理痛

薬を飲んで、

①痛みを抑えているだけで、痛みが発生している原因を放置している。
②薬を飲むことで、体内で解毒などの行動を起こすため臓器に負担がかかる。
③身体は休むことで回復させようと痛みを発生させているのに、休む間がなくなる。

というような状況になります。
これでは健康な赤ちゃんを産む準備に、身体が取り掛かれません。

①卵子の状態を良くする。
②子宮の状態を良くする。
③妊娠しても平気な体力と健康である身体を作る。
④妊娠中のホルモンバランスが崩れている間でもメンタル面が大きく起伏しない状態。

少なくとも、この4つの状態であることが身体の望みです。

その為には、生理『痛』を解消して月経の機能を改善する事が必要です。


生理とは出産練習!?

生理とは身体の排泄作用のひとつで、出産の練習と子宮の掃除(リセット)の双方の意味があります。

排卵

そして生理『痛』については、痛みはあなた自身が感じるもので、他の人がわかるものではありません。そのため客観的に痛みを判断する事はできませんが、生理痛がある方は、月経に問題が起こっている方が多いです。
・月経周期が乱れていませんか?
・月経血(おりもの)が黒っぽくないですか?
・月経血が異常に多くなっていませんか?
・月経血がレバー状にネバネバ纏まっていませんか?
・月経期間が長くなっていませんか?
こういった症状がある方は、身体が「気付いて~!」とサインを出しています。

また、強い生理痛が続いている場合は、子宮内膜症・子宮筋繊維増殖症の可能性が高いです。



では身体はどういう事を言いたいの?

生理は出産の練習で、その時に痛みを伴う月経血があるということなので、その月経血の大小により次の2つにおおまかに分類します。

・多い → ホルモンバランスの問題で食べ過ぎや環境ホルモン、肝機能低下などに因を発している事が多い
・出にくい → 子宮機能の低下や骨盤の状態や機能が悪く、結果子宮の環境が悪くなり起こっている問題


そこで、内臓の調整をする事により、子宮の状態を良くして生理痛を解消し、ひいては月経の状態も良くしていくという事が大事になります。
そして、その治療効果を加速させることができるセルフケアの一つが食生活の改善です。

上記のホルモンバランスの問題の場合、まずは「油」を見直してください。



ホルモンバランスの乱れによる生理痛のセルフケア

先ほど書いたように、油が大事です。
なぜなら、ホルモンはコレステロールが原料です。コレステロールは脂質、つまり油ですね。その為良い油を使う事が質の良いホルモンの生成に繋がります。
質の良いホルモンになると、脳との遣り取りがスムーズになります。という事は、脳の働きと子宮や卵巣などの連携がスムーズになるという事です。

そこで簡単に油のお勉強です。

油の種類と成分
飽和脂肪酸ココナッツバージンオイルの中佐脂肪酸、その他長鎖脂肪酸など
トランス脂肪酸加工油脂、原材料が食用精製加工油脂の油
オメガ3EPA、DHA、αーリノレン酸など
オメガ6リノール酸が多い油
オメガ9オレイン酸が多い油

油の種類と代表例
飽和脂肪酸牛肉・豚肉・乳製品など、パーム油・ヤシ油・ココナッツオイルなど熱帯植物に多い
トランス脂肪酸マーガリン・ファットスプレッド・ショートニングなど
オメガ3青魚の魚油・えごま油・しそ油・亜麻仁油
オメガ6紅花油・コーン油・ひまわり油・サラダ油・グレープシードオイル・大豆油・(ごま油・こめ油)
オメガ9オリーブオイル・キャノーラ油・なたね油・ナッツ類など・(ごま油・こめ油)

そして、この油摂取の比率が
【飽和脂肪酸】:【オメガ3】+【オメガ6】:【オメガ9】= 3:3:4 が理想の状態です。

ここでよくオメガ3を摂るのに、えごま油やアマニ油を使う方がいますが、α-リノレン酸のごく一部(数%)がEPA、DHAへ変換されるので、青魚かサプリメントで摂る方がいいと思います。
そして、ごま油・こめ油はオメガ6と9が半分ずつです。

オメガ3の摂取目安は18歳以上の男性…2.0g、女性…1.6g、うちDHA・EPAが1.0gとなっています。

一度、自分がどんな油を毎日摂っているのか考えて見て下さい。
家に置いてある油は?
外食する時に使われている油と量は?
お弁当やお菓子にどれだけどの油が使われているのか?

そしてその油で、あなたの身体は、あなたの赤ちゃんは作られるのです!!



ロータス整骨院の電話番号 ロータス整骨院に問い合わせ

↑ PAGE TOP

ロータス整骨院へメール ロータス整骨院の電話番号